旅・音楽・映画・本・人などの感動・充実した時間が詰まっているページ      fyaeko@nifty.com


by fyaeko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ
庭仕事 農業
映画
ビジネス
ライフスタイル
温泉

イベント
音楽
美と健康


Bird Watch 山草

気づき
出会い

縫う
陶芸
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

最新のコメント

今が生まれる国でマッテマス☆
by u- at 16:01
これから受け取りに行きま..
by u- at 23:26
>井上 光弘さん ハ..
by u- at 02:29
立派な一軒家ですね。広々..
by 井上 光弘 at 15:56
てっきり「石井祥子」は「..
by 合理的な愚か者 at 12:19
また、お会いしたいですね..
by fyaeko at 20:24
ちょうど入れ違いになりそ..
by Daniel at 04:10
はい、そうですね。100..
by fyaeko at 23:33
Danielさんはヨット..
by fyaeko at 23:31
苫米地さんのアプローチも..
by いけだ at 21:51

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧

オペラ『椿姫』

友人から、オペラの券が!
プロとアマのジョイントコンサートだが、ほぼ満席だった。
友人 知人 他人がたくさん集まって、熱気があった。
主役のヴィオレッタやアルフレードは、もちろん、準主役の父親ジョルジュが、とても素晴らしかった。
ストーリーは、メイドのアンニーナが語るので、初めての方にもわかりやすいという工夫がなされている。
バック演奏は、ピアノだけ🎹だったが、オペラらしくて良かった。ピアニストは、大変だったと思う。『稽古ピアニスト』が三人付いていた。
自分自身が、『舞台』に立つようになり、歌舞伎から、オペラまで、様々なエンターテイメントが、今まで見えなかった所が見えるようになり、とても興味深く、面白い。
宮本亜門や仲代達也、そして、『夜会』で歌だけでなく作詞作曲演出全てを手がける中島みゆきの愉快な人生が、とても理解出来る。
e0079857_16471760.jpg
e0079857_16473269.jpg
e0079857_16475347.jpg
e0079857_16480893.jpg
e0079857_16483435.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-12-03 16:34 | 音楽

歌うは楽し

歌の仲間、Bかいの反省会が、魚屋の二階であった。
最高年齢85歳、女性ばかりの会だ。
創立30年、舞台発表は、15周年になる。
伝統は、元気なメンバーに支えられている。

e0079857_23293941.jpg
e0079857_23300563.jpg
e0079857_23305287.jpg
e0079857_23324447.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-11-26 23:24

イベントのあとは!

古民家イベントの後は、裏庭に設置されたファイアーで、10匹の鶏をサバキ、バーベキューパーティーをする。
ワイワイガヤガヤ、楽しいひと時が始まった。

e0079857_22520600.jpg
e0079857_22523398.jpg
e0079857_22530508.jpg
e0079857_22535022.jpg
e0079857_22544056.jpg
e0079857_22551188.jpg
e0079857_22553795.jpg
e0079857_22555841.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-11-26 22:45

ひさびさのサニーサイドウオーク

朝からの酷い雨☔️が、昼頃には、スッカリ晴れて、美しい休日になった勤労感謝の日、
私の住む地域で12年目になる『お日さまを連れて散歩に出かけるようなイベント』に行く。

ラオスの織物を日本で売却して、チャリティーをやってる主婦のかた、
友人の息子さんが、ピザ屋さんをオープン、
某大住宅会社を10月に定年したご近所さんの、再人生を支える、すごい陶芸作品、
トルコから来た陶芸家、
神奈川県から文化勲章を授かった絵本作家、
切り絵作家の美しい作品、
みなさん、『才能あり』ビックです。

e0079857_23390827.jpg
e0079857_23392989.jpg
e0079857_23395510.jpg
e0079857_23401969.jpg
e0079857_23404154.jpg
e0079857_23412523.jpg
e0079857_23415455.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-11-23 23:26

朝の札幌

早朝散策は、北海道神宮⛩に行く。
北海道の開拓を行う為、開拓使が設置され、今までの蝦夷は、北海道となり、明治天皇の勅使により出来た神宮だ。

開発時代の激しさを物語る、慰霊塔が沢山あった。
e0079857_12365527.jpg
e0079857_12373866.jpg
e0079857_12380493.jpg
e0079857_12382811.jpg
e0079857_12385109.jpg
ホテルの部屋の窓からの札幌も、快晴だ。
e0079857_12394872.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-11-06 12:33 |

札幌 大倉山スキー場

高梨沙羅などがNHK杯の準決勝をしている所に行き当たる。
ラッキーに、午前中の練習ジャンプを見る事が出来た。
e0079857_15545900.jpg
e0079857_15551380.jpg
e0079857_15561719.jpg
『少年よ大志を抱け』by クラーク博士👨‍🎓
e0079857_15564427.jpg
e0079857_16385763.jpg
ホテルは、モントレー コージーな結婚式ホテル。
サッポロ アートステージ、クロスロード ライブ開催中、、、
e0079857_15585456.jpg
e0079857_15591538.jpg
e0079857_15593452.jpg
シンガー ソングライター 鈴木ゆい
『ウィスキー』『くじゃ』『コロッケ』『いつまでも』など、、
FM小樽に出演中とか、、
e0079857_16075135.jpg
五人組バンド スロー
e0079857_16552655.jpg
e0079857_16591367.jpg



[PR]
# by fyaeko | 2017-11-05 15:49 |

小樽

北海道の重要な物流拠点だった『小樽運河』の周りに、カフェやショップが並んでいる。
土曜日の為か、沢山の観光客、主に中国人、で賑わう。
e0079857_07413896.jpg
駅前に、啄木の詩があった。
『子を負いて 雪の吹き入る停車場に 我見送りし 妻の眉かな』
e0079857_07404074.jpg


札幌に向かう車窓から、小樽湾の海岸に吹き寄せる波が荒々しい。
今日は、山は雪らしい。
e0079857_07420757.jpg


[PR]
# by fyaeko | 2017-11-05 07:25 |

余市

札幌から、小樽まで、各駅電車で一時間、小樽から、バスで40分で、ニッカ余市工場に到着した。
10:00-ガイドが付いて、ニッカ余市工場が見学出来た。
テレビドラマ、マッサン後は、毎年70万人の見学者があるという。
第一号ウィスキー🥃を見たり、醸造過程を観た。いまは、スコットランドから、燻製後のモルトを輸入して、こちらでブレンドしているとか。
小雨が本降りになったが、豊かな時間を過ごした。
e0079857_12114988.jpg
e0079857_12121009.jpg
e0079857_12122639.jpg
e0079857_12124194.jpg
e0079857_12130383.jpg
e0079857_12132375.jpg
e0079857_12134493.jpg
e0079857_12140839.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-11-04 12:03 |

夜の札幌

電車で四時間🚃で、札幌に移動して、プリンスホテルで、荷を解く。
夕方の街に出かける。夜景を見に藻岩山にケーブルで登る。
靄の向こうに札幌の灯りがチラチラ垣間見える。
市内の電波塔に登り、夜は、初めてのジンギスカン料理で、ホテルな温泉でグー♨️。
e0079857_09573757.jpg
e0079857_09581367.jpg
e0079857_09584482.jpg
e0079857_09592528.jpg
e0079857_09594923.jpg
e0079857_10001007.jpg
e0079857_10003385.jpg
e0079857_10010507.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-11-04 09:51 |

幕末から、文明開化まで

ペリー来航から始まる五稜郭の歴史は、とても興味深い。下田と函館にペリーの軍艦が、開港を迫る。
危険を察知した松前藩は、海外の要塞に倣い、五陵かくを建設したが、明治の文明開花で、函館戦争の場となり、わずか四年で藩所は閉じた。
その後、五稜郭のあった場所は、公園として、市民の憩いの場だった。
e0079857_20351475.jpg
e0079857_20370950.jpg
e0079857_20372597.jpg
e0079857_09024056.jpg
土方歳三は、この地で没した。
アシスト自転車をレンタルして、香雪園 見晴らし公園の紅葉を🍁観る。秋晴れの美しい1日だった。
e0079857_20431015.jpg

夕飯は、『五島軒本店レストラン』にて、旧ロシア料理のコースをいただく。
御茶ノ水にあった、レストラン『バラライカ』を思いだした。
今日は、アシスト自転車で、函館市内を25km、大いに走り、ここちよく疲労した。
e0079857_11322035.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-11-02 20:31 |

長蛇の列のホテル LA VIISTA

昨晩泊まった函館国際ホテルは、天皇皇后両陛下と皇太子が泊まった格式あるホテルで、部屋は、30平米の広い部屋だった。
e0079857_20184409.jpg
e0079857_20193036.jpg
このホテルは、今日のホテルのすぐ先にある。
互いに競い合っていると聞く。
観光をひと通り終えて、LA VISTA 函館ベイホテルに4:00頃、チェックインの為、玄関ドアを開けて、仰天した。
e0079857_08213835.jpg
チェックインカウンターの前に、宿泊客が20m位の長蛇の列だ。
何事か?こんな列は、ラスベガスのホテル以来だ。
部屋に入り、更に仰天した、和洋折中の広い部屋、インテリアは、超ユニーク。
天然温泉♨️も、様々な工夫があり、感動の連続だ。
チョットの我慢が全く不用のホテルだった。
朝食ブッフェも素晴らしかった。
e0079857_08204741.jpg

混雑を避けて、8:00前にチェックアウトすると、ホテルの無料送迎バスが駅まで送ってくれた。
札幌に向かう。



[PR]
# by fyaeko | 2017-11-02 20:04 |

函館散策

ホテルは、まだ、ハローウィン気分。
e0079857_15451000.jpg

部屋の窓から、旅客船が、目の前に見える。
e0079857_15462762.jpg
降ったり止んだりの小雨降る街を歩く。

ハイシーズンは、10月までで、11月からは、オフシーズンになるらしい函館市内を散策する。
金森赤煉瓦倉庫の目の前は函館港だ。
e0079857_15490349.jpg
函館高田屋嘉平資料館には、函館の開拓をした事業家で、江戸幕府の1/3の財を持っていた時期もあったらしい。『北前船』の展開で北の豪商となった歴史が見れた。
e0079857_15543904.jpg
e0079857_15551328.jpg
函館ハリストス正教会は、神田のニコライ堂など全国に約70の聖堂がある拠点となる教会だ。
マグタリアのマリアなどの聖障が配置されている。
e0079857_15595363.jpg
旧公会堂は、函館市重要文化財となっていて、いまは、二階がコンサートホールになっている。ビックリするほど‼️音響の良い部屋で、思わず歌ってしまった。
e0079857_16171660.jpg
e0079857_16203047.jpg
e0079857_16050424.jpg
イギリス
🇬🇧領事館は、矢張り行かねばならぬ。
基坂の脇にめたたないが、中は広い。
e0079857_16155209.jpg
大使の執務室や当時のリチャード ユースデン領事は、背が低いので、思わず肩を触ってしまいました。
e0079857_16281165.jpg
e0079857_16193369.jpg
e0079857_16062178.jpg

最後に忘れてならないのは、『北方民族資料館』です。
北海道が日本国になる前に、いや、青森あたりまで、『先住民族』がいました。
北方民族と言われ、アイヌ民族などを一括りにして、私たちが若い時は、北海道を旅すると、必ずそれらの民族の木彫のクマなどがお土産でしたが、いまは、影がないですね〜。
e0079857_16254946.jpg
e0079857_16261973.jpg
e0079857_16263539.jpg
e0079857_16270441.jpg






[PR]
# by fyaeko | 2017-11-01 15:40 |

函館朝市

ホテルの天然温泉で、♨️泳いで(誰もいないので)
早朝5時からやっている、道内最大の朝市に、6時頃に行く。
ブラブラ散策して、ショッピングを楽しんだ。
80歳の元気なオバさんの笑顔が眩しい。
e0079857_08335511.jpg
e0079857_08342470.jpg
e0079857_08344415.jpg
e0079857_08350006.jpg
駅の時計は、7:00で学生達が出て来た。
この駅は、🚉函館本線の0マイル地点だ。
e0079857_08351772.jpg
e0079857_08381125.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-11-01 08:28 |

遥々来ました、函館へ!

31日から、北海道旅行に来てます。
新幹線🚅では、四時間、飛行機🛩では、一時間ちょっとというきょりです。

日本三大夜景(ガイドは、世界三大夜景と言いましたが、)神戸、長崎、そして函館です。
函館山は、標高334mで、津軽海峡につきだしていて、くびれた部分は、1kmの幅しかない
。6度位の外気温に強い風が吹き、かなり寒い。
e0079857_20421510.jpg
そして、すし屋でした。
e0079857_20453466.jpg
e0079857_20433089.jpg
e0079857_20434880.jpg
函館に向かう飛行機から、見事な富士山が、見えました。
e0079857_20450257.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-10-31 20:39 |

とこしえに夢舞台

芸術 芸能の盛んな街です。

イベント会場の陶芸は、トルコ🇹🇷の方も見事に作品を並べていた。
トルコは、陶器の国だ。
代表は、イスタンブールのアヤソフィアのタイルだろう。
目の覚める様な、あのブルーを観たものは、永遠に、その栄光を忘れないだろう。
東ローマ帝国、コンスタンチノープルの
キリスト像を、オスマントルコが、塗り固めた。その歴史が今もアヤソフィアに生きている。
そして、キタフヤは、トルコ有数の陶芸の街。
大学受験を眼の前に、日本でいうと東大レベルの受験生が、日本人の私たちを、陶器の街、キタフヤで、ひたすら街の案内をしてくれて、お土産までいただいた、思い出が蘇る。(地球散策ブログ参照)
e0079857_20321191.jpg
作品賞に輝いた壷は、見事な出来栄え。
e0079857_20332329.jpg
我が師は、目を奪う『西洋手水』かな?
ターコイズ ブルーが眩しい。
e0079857_20334373.jpg

舞台では、賑やかに、ワイワイ ガヤガヤ、楽しい歌と舞踊の幕開け。
e0079857_20345987.jpg
同じアホなら、踊らにゃつまらない。
歌うは楽しい、観るは辛い、、、
それでも、観客席は、ほぼ満席でした。
台風の中、皆さま、本当に、
ありがとうございました。


[PR]
# by fyaeko | 2017-10-31 20:25 | イベント

イベントの秋

天高く収穫の秋、というには雨が☔️多い作今だ。が、小さなこの町もイベント盛り。
芸術、音楽、農作物が豊かに実る。
e0079857_21204694.jpg
e0079857_21193587.jpg
e0079857_21195645.jpg
e0079857_21211306.jpg
e0079857_21212715.jpg
e0079857_21214992.jpg
友人の絵本画家の西村繁男氏が、神奈川県の文化賞をいただく、めでたい出来事も。
e0079857_21233240.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-10-20 21:15 | イベント

思い出のキューバ

あれは、1912年、5年前の春になる。
カリフォルニアで'船の結婚式'後に、新婚旅行にカリブ海を回る
Yuさん達と、キューバで合流した。
'キューバの休日'(ブログ「地球散策」参照)
e0079857_1950755.jpg
e0079857_19493584.jpg


キューバの映画'エルネスト'を観る。
ボリビアの日本人移民家族の息子が、医師を志して、キューバに医学留学をする。
そこで、革命家チェ ゲバラに共鳴した、彼は、インターンの身分で祖国ボリビアに
ゲバラの革命隊に同行して、若き命を絶つ。
こんな日本人の若者が、「チェ ゲバラ」の革命記念モニュメントに奉られていたなんて。

キューバは、オバマ大統領のときに「和解」の方向が見えたが、トランプ政権になって、
悲しい事に、関係は再び凍結された。

溢れんばかりの音楽が流れた街中で、ヘミングウエーの愛したダイキリを楽しみながら
'キューバの休日'は、貴重な思い出となった。

e0079857_20415251.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-10-07 19:50 | 映画

池田学展

初日に行ってきました!
大作から小品までどの作品にも圧倒されます。特に震災前に描いた「予兆」という作品は衝撃です。細いペン一つで描いた絵の前で何時間もいられる不思議な世界です。私は三往復もしてしまいました。』と、
S子さんからの連絡があり、行ってきました。

久々の日本橋デパートです。
チョット『天空のラピュタ』を思わせる様な絵や、カンボジアのアンコールワットの様に、古い建築遺跡を、大木が包み込んで、飲み込んでしまいそうな絵とか、
自然は、永久で、それに文明が風化して行く、、「誕生」「興亡史」「予兆」「Gate」など、1ミリに満たないペン先の芸術に圧倒されました。
e0079857_15425727.jpg
e0079857_15432395.jpg
e0079857_15434086.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-29 15:27 | イベント

輝いて今!イタリアの歌🇮🇹

『イタリアの歌を歌う会』は、今年11年目のコンサートを開く。
直前まで、準備に奔走してくれたメンバーの突然死があり、予期せぬ出来事もあった。
何があっても無くても10年は、アットいう間に通り過ぎて行く。
とにかく『歌うは楽しい』。
e0079857_15410940.jpg
e0079857_15422053.jpg
e0079857_15112110.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-18 15:35 | 音楽

森麻季 オペラ アリアを歌う!

東京オペラシティにて、森麻季デビュー20周年記念コンサートに行く。
成長著しいソプラノ歌手だ。
真面目で誠実な人柄が開幕見える。
コンサート会場は、ほぼ満席だった。

アンコールに歌った『ホフマン物語』より、人形の歌は、歌も動きも、楽しかった。

演目に、オペラ教室で、私が選んで歌った曲があった。
指導者のオペラ歌手O氏に、散々ダメ出しされ『君の先生は、誰だね?』と聞かれ、ボイストレーニングのI先生の名前を言うと、『へー?』といわれ、心が折れて、しばらくオペラの世界から離れた、苦い思い出がある。
もちろん、彼女は、今回、それを見事に歌ってくれた。
久々の生演奏に、陶酔した夜だった。
e0079857_22080977.jpg
e0079857_22044124.jpg
e0079857_22045844.jpg
e0079857_22051630.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-09 21:57 | 音楽