旅・音楽・映画・本・人などの感動・充実した時間が詰まっているページ      fyaeko@nifty.com


by fyaeko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ
庭仕事 農業
映画
ビジネス
ライフスタイル
温泉

イベント
音楽
美と健康


Bird Watch 山草

気づき
出会い

縫う
陶芸
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

最新のコメント

今が生まれる国でマッテマス☆
by u- at 16:01
これから受け取りに行きま..
by u- at 23:26
>井上 光弘さん ハ..
by u- at 02:29
立派な一軒家ですね。広々..
by 井上 光弘 at 15:56
てっきり「石井祥子」は「..
by 合理的な愚か者 at 12:19
また、お会いしたいですね..
by fyaeko at 20:24
ちょうど入れ違いになりそ..
by Daniel at 04:10
はい、そうですね。100..
by fyaeko at 23:33
Danielさんはヨット..
by fyaeko at 23:31
苫米地さんのアプローチも..
by いけだ at 21:51

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧

イベントの秋

天高く収穫の秋、というには雨が☔️多い作今だ。が、小さなこの町もイベント盛り。
芸術、音楽、農作物が豊かに実る。
e0079857_21204694.jpg
e0079857_21193587.jpg
e0079857_21195645.jpg
e0079857_21211306.jpg
e0079857_21212715.jpg
e0079857_21214992.jpg
友人の絵本画家の西村繁男氏が、神奈川県の文化賞をいただく、めでたい出来事も。
e0079857_21233240.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-10-20 21:15 | イベント

思い出のキューバ

あれは、1912年、5年前の春になる。
カリフォルニアで'船の結婚式'後に、新婚旅行にカリブ海を回る
Yuさん達と、キューバで合流した。
'キューバの休日'(ブログ「地球散策」参照)
e0079857_1950755.jpg
e0079857_19493584.jpg


キューバの映画'エルネスト'を観る。
ボリビアの日本人移民家族の息子が、医師を志して、キューバに医学留学をする。
そこで、革命家チェ ゲバラに共鳴した、彼は、インターンの身分で祖国ボリビアに
ゲバラの革命隊に同行して、若き命を絶つ。
こんな日本人の若者が、「チェ ゲバラ」の革命記念モニュメントに奉られていたなんて。

キューバは、オバマ大統領のときに「和解」の方向が見えたが、トランプ政権になって、
悲しい事に、関係は再び凍結された。

溢れんばかりの音楽が流れた街中で、ヘミングウエーの愛したダイキリを楽しみながら
'キューバの休日'は、貴重な思い出となった。

e0079857_20415251.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-10-07 19:50 | 映画

池田学展

初日に行ってきました!
大作から小品までどの作品にも圧倒されます。特に震災前に描いた「予兆」という作品は衝撃です。細いペン一つで描いた絵の前で何時間もいられる不思議な世界です。私は三往復もしてしまいました。』と、
S子さんからの連絡があり、行ってきました。

久々の日本橋デパートです。
チョット『天空のラピュタ』を思わせる様な絵や、カンボジアのアンコールワットの様に、古い建築遺跡を、大木が包み込んで、飲み込んでしまいそうな絵とか、
自然は、永久で、それに文明が風化して行く、、「誕生」「興亡史」「予兆」「Gate」など、1ミリに満たないペン先の芸術に圧倒されました。
e0079857_15425727.jpg
e0079857_15432395.jpg
e0079857_15434086.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-29 15:27 | イベント

輝いて今!イタリアの歌🇮🇹

『イタリアの歌を歌う会』は、今年11年目のコンサートを開く。
直前まで、準備に奔走してくれたメンバーの突然死があり、予期せぬ出来事もあった。
何があっても無くても10年は、アットいう間に通り過ぎて行く。
とにかく『歌うは楽しい』。
e0079857_15410940.jpg
e0079857_15422053.jpg
e0079857_15112110.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-18 15:35 | 音楽

森麻季 オペラ アリアを歌う!

東京オペラシティにて、森麻季デビュー20周年記念コンサートに行く。
成長著しいソプラノ歌手だ。
真面目で誠実な人柄が開幕見える。
コンサート会場は、ほぼ満席だった。

アンコールに歌った『ホフマン物語』より、人形の歌は、歌も動きも、楽しかった。

演目に、オペラ教室で、私が選んで歌った曲があった。
指導者のオペラ歌手O氏に、散々ダメ出しされ『君の先生は、誰だね?』と聞かれ、ボイストレーニングのI先生の名前を言うと、『へー?』といわれ、心が折れて、しばらくオペラの世界から離れた、苦い思い出がある。
もちろん、彼女は、今回、それを見事に歌ってくれた。
久々の生演奏に、陶酔した夜だった。
e0079857_22080977.jpg
e0079857_22044124.jpg
e0079857_22045844.jpg
e0079857_22051630.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-09 21:57 | 音楽

帰国します。

深夜の夜間飛行で、日本に、戻るので、ホテルをレイトチェックアウトにして
、6:00から、『ミャンマー伝統舞踊と食事』みたいな、通俗舞踊を観ながら食事して、8:00まで、時間稼ぎをする。
期待を裏切る舞踊のレベルが高く、楽しかった。
舞踊は、インドとインドネシアの舞踊の伝統があり、指先の表現など一流だった。
e0079857_22473642.jpg
e0079857_22470129.jpg
e0079857_22483129.jpg
e0079857_22490628.jpg
e0079857_22491839.jpg
e0079857_22493587.jpg

e0079857_22484929.jpg
e0079857_22501884.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-06 22:42 |

山手線?に乗る。

ヤンゴンには、全38駅の各駅停車環状線がある。一周するのには、3時間かかる。
切符は、一周¥50位。
沿線には、ミャンマー庶民の生活がある。
今日は、それを体験して、地元の人たちの生活風景を垣間見る。
ヤンゴン中央駅から、朝10:10乗出発だ。
水は、もとより、バナナ、ブドウ、タバコ、揚げ物など、いろいろな物売りが来る。
しばらくすると、大量の青物市場の様な、野菜の山が、次々に運び込まれ、貨物列車状態になる。大きな『味の素』の袋もある。
凄く、生活臭のする電車だった。
日本のJRと書いた電車もあった。
e0079857_18252779.jpg
e0079857_18162466.jpg
e0079857_18175042.jpg
e0079857_18200925.jpg
e0079857_18205718.jpg
e0079857_18212704.jpg
e0079857_18220296.jpg
e0079857_18221604.jpg
e0079857_18233534.jpg
e0079857_18272656.jpg
e0079857_18274019.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-04 09:20 |

眺めの良いホテル

ミャンマー滞在、最後のホテルは、元JALのホテルだったが、今はタイ系の資本になっている、チャトリウム ホテルだ。
タクシーが門に入ると、珍しく厳しいガードマンのチェックがあった。
安倍総理も泊まった事から、
e0079857_18030848.jpg
e0079857_18032536.jpg

格が上がったらしい。
何より、『眺めが素晴らしい』部屋が10階なので、ヤンゴンの街が一望出来る。
明日のレイトチェックアウトまで、ここが、今回最後のホテルとなる。
大きなバスも付いていて、リラックスできる。
e0079857_16314239.jpg
e0079857_16315771.jpg
e0079857_16344270.jpg
e0079857_09064070.jpg
e0079857_09065748.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-03 16:22 |

Savoy サボイホテル

サボイホテルは、気がつかない様な、とても小さな入口から入る、コージーなホテルで、イギリスのコロニアルスタイルの伝統ある造り。
スタッフのサービスも垢抜けている。
部屋の水回りなど、とかくこの国に有りがちなルーズさが無く、しっかりしている。
インターネットもスースーだ。
このタイプのホテルは、コンセントの形が旧式だったり、少なかったりするが、最新式の4個付きが、机の脇にしっかりとついていた。
イギリスのホテルに良くある、24時間執事が、見えないところで見ている、様な家族的雰囲気のサービスだ。
街中ホテルなのにプールがあり、完璧だ。
e0079857_15540874.jpg
e0079857_15544842.jpg
e0079857_15551544.jpg
e0079857_15553189.jpg
e0079857_15555318.jpg
e0079857_16042097.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-03 15:52 |

ホテルのプール

朝食前のひと泳ぎは、ホテルライフならではの楽しみである。

イギリスの女流作家、マーガレット ドラブル著『黄金のエルサレム』の中に、アフリカの砂漠地帯のホテルのプールサイドのシーンがある。
地質学者の主人公が、地質学会の最中に、ロンドンに残してきた、恋人の事を想う場面だ。
背景は、アフリカ砂漠の中のプールである。
このシーンに強く惹かれた私は、サハラ砂漠の中のプールを夢見た。
実際、砂だらけのアフリカ砂漠のプールを体験した。それが、パリから飛行機で直接✈️ひとっ飛びで来れる、ウィークエンド リゾートだと言う事も知った。

青春時代の映画『卒業』の始まりのシーンもプールサイドから、始まる。
卒業を前に、もの憂げな主人公は、プールに飛び込み、水の中で無になる。

この様に、プール好きの私は、今回の旅も、全てのホテルは、プール付き、且つ、サボイホテルを除いて、バスタブ付き🛀である。
海外では、かなりの高級ホテルでも、シャワーだけの部屋も多い。そこは、日本人、風呂で疲れを、癒す。

イギリスへのホームスティの仕事をしていた時、ランド レディ(女家主)から、『日本人は、どうして夜中に風呂に入るのか?』と問われた時がある。
イギリスのゲスト用風呂は、たいてい、二階にある。
夜中に風呂の排水をすると、下の階にモロに音が響く。それを彼女は、嘆いているのだ。
日本人は、『風呂で考えるのだ。』と答えておいた。

熱帯雨林気候のミャンマーのプールは、バガン、マンダレー、インレーと全て、水温が生温いので、泳いだ時の爽快感がない。
まるで、温泉みたいだ。この陽射しでは、仕方ないと思っていた。

ヤンゴンに戻り、ローズガーデンホテルのプールが、意外に、とても冷たくて爽快だった。
しかし、このプールは、異様に深い。
九割の場所で、足が立たない。
一般のホテル客が泳ぐのには、危険ではないかと思われる。
もしかしたら、だから、水温が低く保たれているのかもしれない。
このプールサイドには、『パンの木』が繁っていた。
『パンの木』の本物を見たのは、初めてだ。

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-03 05:22 |

ミャンマーのインフラ

マンダレーから、インレー湖に行く山越えの道路は、悪路の中を6時間揺られ大変だった。
とにかく、道路が悪い。
普通に歩いていても、穴があったり、凸凹過ぎて、足の悪い人は、歩行不可だ。
また、良く停電が起こる。
ホテルなどでは、自家発電があるので問題無い。
マンダレーの王宮博物館で、突然、真っ暗になり、停電だった時、回りの観光客は、皆、静かに、スマホの電灯で、展示品を照らしながら観ていたのには、笑ってしまった。

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-03 05:08 |

築地 天ぷら 黒川

サボイホテルから、徒歩10分くらいのところに、『築地 天ぷら 黒川』がある。
日本食が少し、恋しくなってきたので、評判の店と聞き、行ってみる。
下町育ちの私は、天ぷらには、少々うるさいが、味は合格。
気になるのは
e0079857_03574627.jpg
、土曜日の七時前後なのに、客は、私たちだけ。
コースで、二人で、約¥10000。
寂しい店内である。高級過ぎるのか?
先日、サッカー戦を観に行った『勝』は、庶民的な店構えで、揚げ出し豆腐などあったが、木曜日の夜でも、客は満員だった。
e0079857_03583686.jpg
e0079857_03590623.jpg
e0079857_03592988.jpg
e0079857_03595831.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-03 03:48

大和ハウスグループのFUJITA勤務のミャンマー人

友人の友人で、日本の医科歯科大学で予防歯科の博士課程在学中の文部省国費留学生の奥さん、Su Mon さん27才に会う。
彼女は、エンジニアで、来年、4月に二週間のホリデーで、ご主人のいる東京に来る予定だ。
同じ職場の通訳のNay Chiさん、22才と二人で、サボイホテルに、雨の中☔️、お土産を持って会いに来てくれた。
友人のMr.Hondaからのギフト、『日本の化粧品』を渡す。
二人共、日本のゼネコン勤務だ。
初々しい年頃の二人だ。
Su Monさんは、五人兄弟姉妹の長女で、家族と暮らしている。
今日は、お父さんが、車でホテルまで送ってくれたという。
日本語検定5級だそうだ。
Nay Chiさんは、10年前に父親を亡くし、いまは、母親との二人暮し。
日本語検定2級を持っている。
弁護士の勉強中という才女だ。
e0079857_19210675.jpg

e0079857_19251966.jpg
e0079857_19255171.jpg


[PR]
# by fyaeko | 2017-09-02 18:53 |

東京医科歯科大学留学生Niniさん

ロータリークラブ米山奨学金で、医師になったニイニイさんに、彼女が推進活動中の『寺子屋』の寄付金と高級ボールペンを✒️届ける。ロータリーで活動している友人のMr Hondaからの依頼だ。
彼女の夫Aungさんも医科歯科大学卒業で、『口腔外科医』だ。彼女は、『麻酔科』の医師で、日本に七年、マレーシアに10年いたが、今年11月から、ミャンマーに戻り、母国の為に働きたいと言っていた。
彼女が、日本に来た時は、ミャンマーは、軍事政権で、日本への留学生は、数名だったが、いまは、300名いるとか。
日本への土産物のショッピングを手伝ってもらい、助かった。
e0079857_22495308.jpg
e0079857_22502741.jpg
お嫁ちゃんが、2月生まれなので。誕生石のアメジストを買う。この宝石屋さんも、医師らしいが、親のビジネスを引き継いで、宝石屋をやっている。大いにまけてもらった。

e0079857_22505404.jpg
e0079857_22545756.jpg
女僧侶の集団托鉢行列に会う。
e0079857_22563125.jpg
タバコの葉みたいな物に、いろいろ包み
口の中に入れる、口腔ガンの素になるらしい。

夜は、『さくらタワー』のルーフガーデンに行ったが、突然の大雨で、早々と退散した。

Ni niさんに「あなたはブディスト仏教徒ですか?」と尋ねました。「はいそうです。が伝統的なスタイルで無く、仏教の教えを自分の人生に生かしています。」との答えでした。

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-01 20:00 |

アウンサン博物館

アウンサン将軍が、1945年5月から、暗殺されるまで2年間住んでいた家。スーチンさんは、子供時代8年間、家族と住んでいた。イギリス式洋館で、築90年以上経っている。
e0079857_18012804.jpg
e0079857_18072387.jpg
e0079857_18095740.jpg
e0079857_18083254.jpg
e0079857_18114051.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-09-01 13:33 |

ローズガーデン ホテル in ヤンゴン

部屋の中にいる時間の長い私たちには、ホテルのセレクションは、とても重要だ。
早朝フライトでヤンゴンに戻る。

外は、激しい雨☂️だ。
ローズガーデン ホテルのイグゼクティブ ルームに落ち着く。
スペーシーな部屋に、オシャレなバスが付いている。
明日は、友人の紹介で、言付けられた、品物とお金を💰、寺子屋に届けるという役割が待っている。
e0079857_16123256.jpg
e0079857_16130927.jpg
e0079857_16134739.jpg
e0079857_05422492.jpg
今夜は、近くの日本レストランにて、サッカーワールドカップのアジア最終予選、観戦予定だ。
日本対オーストラリア🇦🇺🇯🇵の戦い。
ここのレセプションは、あまり英語が通じない。日本語ペラペラのミャンマー女性が、観戦出来るところを探してくれた。
『勝』日本レストランは、五年前に、ヤンゴンオープン。上海、タイなどでも営業している。
オーナーは、長崎の人なので、アゴや長崎チャンポンなど、、、美味しいかった。
e0079857_21515006.jpg
e0079857_21521132.jpg
結果、2:0で日本が勝ち、W杯出場が決定した。
e0079857_05402235.jpg
e0079857_05410325.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-08-31 15:55 |

少数民族

e0079857_17384112.jpg
e0079857_17394822.jpg
e0079857_17401155.jpg
e0079857_17405271.jpg
e0079857_17412663.jpg
e0079857_17415128.jpg
ヤンゴンの国立博物館に、民俗衣装の展示があった。
e0079857_16071158.jpg
e0079857_16072866.jpg
e0079857_16074803.jpg
e0079857_16080232.jpg
e0079857_16082923.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-08-30 17:28 |

インレー湖のクルージング

最高に快適だった。
巨大な海の様な湖 インレー湖を一日、舟で行く。南北22km東西12kmの古代湖で、アシなどが繁茂し、固有種も多く2015年にユネスコ生物園保存地域に登録された。
エンジン付きの小舟で走る気分は、爽快この上なし!
水上村や寺院を周遊する。
インター族や、首長族、伝統工芸のバダウイン族などの工房を訪ねる。
e0079857_18370939.jpg
e0079857_18373314.jpg
e0079857_18380601.jpg
e0079857_18383735.jpg
e0079857_18393382.jpg
e0079857_18395846.jpg
e0079857_18402923.jpg
e0079857_18404545.jpg
e0079857_18412652.jpg
e0079857_18415609.jpg
e0079857_18425934.jpg
e0079857_18433606.jpg
e0079857_18440281.jpg
e0079857_19212606.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-08-29 18:28 |

湖畔の朝

早めの朝食を済ませ、一日湖畔クルーズに出かける。
e0079857_10181110.jpg
e0079857_10190101.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-08-29 10:15 |

インレー湖畔のリゾート

朝7:00にホテルを出発して、午後1:30に到着。
6時間半かかって、タクシー移動🚕した。
バス移動は、$25
飛行機移動は、$160
タクシーは、$130
山を越え、胃が上下左右に揺れ揺れひっくり返る悪路の道中だった。まるでカートレースをしているように、道はクネクネ回る。
インレー湖は、風光明媚で有名な観光地だ。

スペイン風の建物で、責任者は、スペイン人。
オフシーズンというので、デラックスルームに変えてくれた。
荷物を取るのに、巨大すぎる部屋の中を、走り回る事になる。
e0079857_17142178.jpg
e0079857_17145734.jpg
e0079857_17155450.jpg
e0079857_17151178.jpg
e0079857_17162335.jpg
e0079857_17163835.jpg
e0079857_17175692.jpg
到着して、暫くすると、大雨と雷が凄い。
静まった後は、まるで、別世界の森に紛れ込んだ様だ。
e0079857_19394333.jpg
e0079857_19400720.jpg
e0079857_20275609.jpg
e0079857_20281662.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-08-28 17:05 |