旅・音楽・映画・本・人などの感動・充実した時間が詰まっているページ      fyaeko@nifty.com


by fyaeko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ
庭仕事 農業
映画
ビジネス
ライフスタイル
温泉

イベント
音楽
美と健康


Bird Watch 山草

気づき
出会い

縫う
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

最新のコメント

今が生まれる国でマッテマス☆
by u- at 16:01
これから受け取りに行きま..
by u- at 23:26
>井上 光弘さん ハ..
by u- at 02:29
立派な一軒家ですね。広々..
by 井上 光弘 at 15:56
てっきり「石井祥子」は「..
by 合理的な愚か者 at 12:19
また、お会いしたいですね..
by fyaeko at 20:24
ちょうど入れ違いになりそ..
by Daniel at 04:10
はい、そうですね。100..
by fyaeko at 23:33
Danielさんはヨット..
by fyaeko at 23:31
苫米地さんのアプローチも..
by いけだ at 21:51

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧

近くの城山歩きー八王子城

北条氏照が16世紀末に建てた城。
山の地形を生かして築かれた。
1590年6月23日、前田・上杉軍に一日で、攻め落とされた山城。
実際に戦いのあった、血なまぐさい戦場。
御守殿後には、ヴェネチア産のレースガラスなどが見つかり、
文化的生活も垣間見えた。
有能なボランティアガイドに恵まれた。
6:30出発。11:30下山。
ランチは「杜杜」でのそばが食べられた。
清々しい春のウオーキングだった。
e0079857_185875.jpge0079857_1844374.jpg
[PR]
# by fyaeko | 2017-04-22 18:05 |

近くの城山歩きー岩殿山

岩殿山(大月市)
秀麗富岳十二景の八番に選ばれている山。
標高634m,スカイツリーと同じ高さ。
武田の国防要塞の城、堅固な城山。
子育て中の時は、よく子供と登った山。
「富士と桜」の最高の季節。
e0079857_16284081.jpge0079857_16281380.jpg
[PR]
# by fyaeko | 2017-04-22 16:28 |

たかがXX されどXX 

カタログから、今春の下着の新製品を注文した。
この会社のブランド品は使い勝手の良いパンティー。
ところが、それが、玄関に飾っておきたいような、パッケージで届いた。
その販売店の努力に感動を覚えた。
「たかがパンティー、されどパンティー」
e0079857_12543452.jpg




リメイク中のYuさんの家の玄関が、車三台分のガレージの為に、移動された。
新しいドアは、日本式の「押す」のでなく、外国式の「引く」ドア。
室内に開くドアは、訪問客に優しい。
いままで、この違いに気づかなかった。
我が家のドアは、来訪者にぶつからない様に気をつけながら「押す」タイプ。
「ドアの文化」が日本に輸入されたが、この違いは輸入されなかった。
「たかがドア、されどドア」

インターホンは、スマホで、「どこにいても返応」できる。
地球の裏側にいても、室内にいる様に対応出来る。
ドラえもんの「どこでもドア」みたいに、あけたらどんな世界が待っているのだろー。
e0079857_1334467.jpg
e0079857_1395791.jpg
[PR]
# by fyaeko | 2017-04-19 12:54 | 気づき

Empathy x Empathy

11歳から16歳の少年 少女達だけで構成された、クラシックコンサートが、ご近所のレストランShuで、催された。
レベルの高さに圧倒された。
あの集中力は、何処から来るのか?
みんな音楽の世界に飛びだって行くのだろう。
これからが楽しみ。
e0079857_23442300.jpg
e0079857_23452684.jpg
演奏後は、元の子供たちの顔になっていた。
e0079857_23464333.jpg
e0079857_23470686.jpg
e0079857_23472443.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-04-02 23:36 | 音楽

’LA LA LAND’ Lost La.になってしまう

e0079857_18395752.jpg




































アカデミー賞6部門受賞
ゴールデングローブ賞 過去最高 7部門受賞

女優志願でオーディションに通うエマ。
偉大なジャズピアニストになるために人生を捧げるセバスチャン。
夢を叶えたい人が集まる、ロスアンジェルスを背景にした、二人のラブロマンス ミュージカル。

うた 音楽 ダンス そして ストーリー、全てが最高泣!!!!
今、Lost La.の気分。




.
[PR]
# by fyaeko | 2017-03-07 19:18 | 映画

気になる器

若い時、茶道を始めてから、芸術的に素晴らしいと言われる茶道具を、意識して見てきた。
世界散策をしながら、それぞれの国の『焼き物』と言われる世界を、見てきた。
その時々に、様々な器を、無理のない範囲で買い、もらい、集めてきた。

最近、食器戸棚を整理して、最小限の必要な器だけ、棚に残した。

買ってくる器に飽きて、自分で土を捏ねて、器作りを始めた。
器の見方が、変わった。

機能(使用目的を果たす)
使いやすさ
デザイン
の順で、見ると
「なるほど〜」と感心する発見が沢山あった。

いま、小さな鍋を製作している。
器と蓋の『あんばい』が、難しい。

今日、藤野駅の『ふじのね』にて、何気ない器に出会った。

三宅修さんの『裏山の博物誌』の20年振りのリニューアル本展示を見に行った時に、出会った小さな鍋器が、機能、使い勝手、デザインの三点を満たしていた。
e0079857_02154874.jpg


その後、友人が推薦する蕎麦屋に向かった。
今盛りの匂う様な、紅白の梅林を抜けて、「こんな所に」と思う場所にあった。

機能、使い勝手、デザインが揃った急須(国籍不明風)に、たっぷりとそば茶が入り、そこからの茶を、掌にホッコリと包まれる丁度良い大きさの湯呑みが受ける。
『ヒモ作り』の良さが出ている。
e0079857_02330299.jpg

今回、旅をしてきた『難波宮』は、古代宮殿で、日本史上初の首都であると同時に、全く同じ場所に古墳時代の難波高津宮があったとされる。
そこから出土した、『土師器、須恵器』が、素晴らしく。
まだ、その感動がやまない。「いつか、こんな器を作りたい。」と夢みている。
e0079857_02584093.jpg
e0079857_02585893.jpg




[PR]
# by fyaeko | 2017-03-02 01:54 | 出会い

大阪歴史博物館

難波宮』は、かつて存在した、古代宮殿。
飛鳥時代の大化改新で、飛鳥から難波に遷都されたまた、長岡にうつされた前期と奈良時代に聖武天皇が、再建した、後期があり、同一地点に置かれた。
e0079857_09113135.jpg
内部は、ビジュアルな展示で、とても楽しい。
e0079857_14043551.jpg
須恵器と土師器の展示は、土器陶器をいじり始めた私には、興味深い。
e0079857_14062518.jpg
コンスタンノープルを中心に左右に広がった、『シルクロード』は、難波まで、届いていた。

e0079857_14072907.jpg
帰宅の関西では、まだ、味わっていなかった、『ビーフカツ』イカ墨カレーを。
e0079857_14103863.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-02-24 09:07 |

大阪造幣局博物館

近代国家の礎となった、造幣局。
e0079857_14562092.jpg
『あさがきた』の五代友厚も、明治の
近代化時代に貨幣制度で活躍。
e0079857_14583881.jpg
明治政府は、造幣技術者を海外から、沢る山招聘
したが、その給料は、内閣総理大臣より高かったというから、ビックリ!
e0079857_20160698.jpg
e0079857_15354129.jpg
夜は、繁華街へ
e0079857_19540431.jpg
小学生の頃に食べた、懐かしい『銀装カステラ』が、こんな所に!泉屋のクッキーと共に、小学生の私には、スペシャルだった。
e0079857_19542959.jpg
どこまでも続く。
e0079857_19560787.jpg
道頓堀
e0079857_19562451.jpg
歌の文句に
e0079857_19581093.jpg
『トンカツ』でなく、関西の『牛カツ』
e0079857_19585288.jpg
どこまでも、半端なく、続く繁華街。
e0079857_20001192.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-02-23 14:12 |

六甲 有馬温泉

六甲山をレンタカーで有馬温泉へ。
e0079857_13245295.jpg
e0079857_13240672.jpg

ランチの後は、温泉と街をぶらぶら。
e0079857_15455552.jpg
豊臣秀吉も愛した、有馬温泉。
ねねの橋が。
e0079857_15461182.jpg

六甲山からの、日本三大夜景は、曇りと強風で、諦めた。
ポスターが、語っていた、
e0079857_18570800.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-02-22 13:22 |

異人館と六甲

e0079857_08482579.jpg
e0079857_08305522.jpg
舞子公園にて、世界一の明石大橋を観る。
e0079857_13022791.jpg
e0079857_13034420.jpg
アジアの平和主義の人、孫文記念館

e0079857_13050528.jpg
e0079857_13031371.jpg
e0079857_13042283.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-02-22 08:29 |

神戸の本場物

先ずは、朝ドラ。『べっぴんさん』
e0079857_08074234.jpg
神戸モスク

e0079857_10350751.jpg
生田神社

e0079857_10431990.jpg
三宮商店街にある、ファミリア店
『べっぴんさん』の店。大丸のすぐそば。
本日定休日。
e0079857_11041715.jpg

宝塚には、手塚治虫記念館がある。
e0079857_11432289.jpg
宝塚歌劇を観る。
e0079857_11435472.jpg

e0079857_12502430.jpg
e0079857_12504680.jpg
e0079857_16242606.jpg
演題は、浅田次郎作『王妃の館』。満席。
e0079857_16254917.jpg
夜は、鉄板ステーキ。
e0079857_04565381.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-02-21 08:05 |

神戸三宮

羽田で、美味しい朝食を摂る。
出汁のスープが、グラスで出てきた。
e0079857_15470526.jpg

強風で、30分遅れて、関空に到着。
外は、雨。
凄い人混みが、バスを待っていた。
神戸三宮まで、約1時間。
e0079857_15483520.jpg
北野異人館通り
e0079857_16570810.jpg
シティーループバスで、市内巡り
e0079857_16575961.jpg
e0079857_17322812.jpg
ポートピア
e0079857_17445743.jpg

e0079857_17523467.jpg
神戸牛、夕飯の後は、アイスクリーム
e0079857_19145555.jpg
e0079857_19153793.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-02-20 15:44 |

神戸散策

50 歳になった時、「今まで行った事の無い国に、仕事でなく、留学でなく、ブラブラと行きたい」という思い、「地球散策 世界版」を始めた。
それから18年の歳月が流れて、中東やキューバなどの南米、昨年の夏はアフリカ ケニア。
だいたい行きたいところを行き尽くした。
アメリカ・イギリスには住んだ。「興味旅行の地球散策」ブラブラ旅、終了。

そして、昨年11月に「伊勢志摩 &高野山」が、「日本散策」の始まり。

今回は「神戸散策」ーーー。


2月20日(月) 12:40 JAL225便  関空 14:05 三宮東急REIホテル
        8:30頃出発―パーク&ライド羽田駐車   関空からリムジンバスで三宮駅 約1時間 4時頃ホテル到着
        地下鉄三宮駅からシティ・ループバス北方面行でハーバーランドまで
        ハーバーランド・モザイク2F「神戸ブランド亭」夕食

2月21日(火)                              トロアードホテル三楽
        朝食後、トロアードホテルに荷物を預け近所散歩 宝塚公演 12:30 (13:00-16:00)
        11:00頃阪急三宮駅―阪急神戸線で西宮北口駅 今津線乗換て宝塚駅 約30分
        三宮・元町散策 夕食  夜北野「英国館」バー

2月22日(水)                             ポートピアホテル
        レンタカー9:30 オリックスレンタカー三宮駅前店(20:00までに返却)
        舞子公園海上プロムナード 有馬グランドホテルー日帰り入浴 六甲ガーデンテラス


2月23日(木)三宮駅(阪急)特急梅田行きで梅田(28分) 乗換(御堂筋線なかもず行)7分 心斎橋駅
                                     ホテルトラスティ心斎橋
        
2月24日(金) 14:50 JAL224 関空  16:00 羽田空港













[PR]
# by fyaeko | 2017-02-19 20:12 |

大切な人が、逝った。

40年近く前、生後一ヶ月の息子を連れて、イギリスから藤野に移ってきた。
ここは、東京都民に残された『自然の宝庫』
高尾山を東に、西は山梨県、北は県立陣馬相模湖自然公園、南は、裏丹沢をひかえる神奈川県最北の町。
私の子育ては、公園よりも山歩きや木登りを、プールよりも川遊びをという風に、『子供と自然』をワンセットにしたものでした。
この町で、成長したのは、子供ばかりでなく、母親となる事により、私は極めて現実的に、この地域と拘る様になった。
中央高速道路で、都心から1時間足らずの所でありながら、実に様々な困難を抱えている事が、わかってきたのです。
台所から、跳ぶのを躊躇していた、多くの女性達の手で、町史初めての女性議員を誕生させたのです。
その、三宅節子さんが、あとわずかで92歳という時に、急逝しました。

思いは、一杯。
でも、ホッとため息している、自分がいる。
いつまでもいつまでも、涙が流れて、止まらない。

葬儀は、息子さんのリードで運ばれて行く。

彼女の、女性として、母親として、社会人として、詩人として、職業人として、さまざまな「顔」が沢山あった。

e0079857_19542025.jpg
e0079857_19545412.jpg
e0079857_19554552.jpg
e0079857_19560703.jpg

e0079857_21250421.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-02-19 19:36 | イベント

映画『沈黙』を 観る。

高校三年の受験の最中に、読んだ。
1966年の遠藤周作作品。
担任が、漢文の先生で、『重要な作品だから』
と勧められた、と記憶している。
日本という特殊社会に、キリスト教という、普遍的西洋的なものが、どの様に受容されていくのか?
当時の読後は、キチジローが踏み絵を踏んだり、告解を懇願したり、といった優柔不断な行動をするのは、日本人的、曖昧さ、決断出来ない彼の弱さ。と思っていた。
実は、これは、作者自身の姿。

あれから50年経った今。
スコセッシ監督の映像から、伝わるのは、『信じること』とは?それを問い続けるのが、生きることと。
e0079857_10432119.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-02-04 10:43 | 映画

ポルシェでお買い物!

ダダダダーン ドドドド ブーン バババー
何事かと思うような、耳をつん裂く音。
しかし、どこか、懐かしいあの音が。
Yさんが、お嫁チャンのAさんと突然、新規購入したポルシェで自宅にやってきた。
隣の家の窓ガラスが、割れてしまうのでは無いか?と思う音。
しかし、どこか懐かしい、そう、サーキットのレーシングカーの音。

『自宅の駐車場を工事して、ポルシェのスペースを作る間、暫く預かって』欲しいと。
駐車場スペースの完成を待たず、目的の車を購入してしまうという、流石せっかちな夫の息子らしい、即断即決。
せっかく、数週間、預かるのなら、『チョット、そこいら辺を走りたい。』と、家のYさんならば、思うはず、、
が、しかし、なかなか乗ろうとしない。
やはり、ポルシェとなると、それなりの心構えが要る様だ。

本日、やっと『その辺走ってこようか?』と、私の買い物に、ポルシェでお付き合い。
ドドドドーンと、地響きを立てながら、青空の中、いざ、お買い物にご出発。
e0079857_05081312.jpg

Yさんの感想は、『これは、レーシングカー』
私の感想は、『爆音で車中音楽が、聞こえない!』









[PR]
# by fyaeko | 2017-02-03 04:42

笈田ヨシ 演出 「蝶々夫人」

プッチーニの代表作のひとつであり、日本を舞台にした「蝶々夫人」。

ヨーロッパを主戦場としてオペラ演出でも名高い、笈田ヨシが日本での初オペラ演出に挑戦する。
彼自身の幼少期の記憶をだぶらせながら、時代を昭和初期に置き換え、
米国無しでは生きられない日本の現状を、「実は米国人に気に入られたいという
打算が、蝶々夫人にあった。」と解釈して、蝶々夫人の人間像を浮き彫りに
より内面に迫る舞台になっているという。

e0079857_14303314.jpg



NPO「みんなのオペラ」主催者 岡村喬生氏演出の「蝶々夫人」と関わった事がある。
ここでは 、日本文化の誤認を改訂したいと。
欧米の人々に遠い日本の姿を伝え1世紀余、イタリア語の台本に手が加えられたのは初めてという。
日本人なら、だれでも気づく間違い。
*「これが日本語だとは……」思えない言葉の間違い。
*衣装や演出。また下駄のまま座敷に上がるなど。
*「芸者」についての認識の違い
等々。 原作を書き直して、演出した。

その後、プッチーニ財団は、この日本人による訂正も、
音楽や脚本への介入も、公式には認めていない。
オリジナリティーをあくまで厳守している。
e0079857_14572262.jpg
[PR]
# by fyaeko | 2017-01-21 14:48 | 音楽

今年もビオで!

無農薬、自然がいっぱいのビオ市。
今年も、よろしくね〜
e0079857_19272620.jpg
e0079857_19274299.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-01-17 19:25

英国からの手紙:Mr Tom Conwayのこと

人は、その人生で、「生き方や価値観」を根本から変えてしまうような
人との出会いがある。
Mr Tom Conwayはそんな影響を私に与えた一人だ。

新年早々、見慣れた文字の白い封筒が、イギリスから届いた。
「トムが97歳になった事。
インドからの招待で、戦争記念式典に、唯一の白人として参加した事。
老人ホームに入った事等々」奥さんのジャンさんから、の内容。
トムの手書きで、私や家族へ「親愛なる、みんなの、
近況が知りたい」と添えてあった。

十年位前までは、白い封筒で、一年間の行動報告の長い手紙が
毎年届いたものだった。
e0079857_793532.jpg
e0079857_791769.jpg


トムとの出会いは、私がイギリス留学を決めた26歳の時だった。
当時55歳の彼に会いに、赤坂のアジア会館に行った。
'I am academic !'と言って、
あごひげを撫でながら、パイプをくゆらせていた
彼の印象は、強烈だった。
「日本の若い仏教徒の私生活の調査に来た」という彼に
ついて回って、「英語の座禅に行ったり、神田の古本屋を巡ったり、、、」
こうして、私の英会話修行が始まったのだ。

ケンブリッジの医学部出身の彼は、その後、
文化人類学、比較言語学、社会学、宗教学とアカデミックな生活をして、
ついに、55歳でジャンさんと結婚するまで、「中年ヒッピー」みたいな人だった。
ドストエフスキーの「万年学生」みたいなイメージ。

その後、外国語スクールを経営したり、ホームステイや留学のカウンセリングを
する様になった時、彼はアドヴァイザーになってくれた。

奥さんのジャンさんは、オックスフォード卒の図書館司書。
アイルランドの東洋コレクションで有名なチェスタビーチ美術館に勤めていた。
その後、ダブリンの日本庭園付き自宅(座禅ハウスもあった。)を売却。
スコットランドの崩れそうな荘園を、2年かけて修復して、世界中から沢山の生徒の
ホームステイを引き受けた。
その荘園風自宅(We bought scene.と言っていた)は
、ハイランドの丘の上にあって、素晴らしい眺めの良い家だった。
世界安旅行をしていたトムは、英国政府の年金が無いので、
最後は、それを売却して、老人ホームに行く。
と言っていた「プラン通り」の現在だ。
[PR]
# by fyaeko | 2017-01-16 07:09 | 出会い

音楽の館

昨日の雪が、残っている河口湖に、午後のドライブに誘われる。
途中、富士山は雲の中。

目標の「オルゴール館」では、オペラ歌手とオルゴール&自動ピアノのコラボ。
これは世界初。
また、「サンド アート」をピアノとバイオリンの「ディズニー」のコラボ。
そこは、音楽の館だった。
e0079857_1941494.jpg


 高橋直子 メゾソプラノ歌手
1) 120年前のドイツオルゴールにコインを入れると
マスカーニのオペラ「田舎の騎士」から「バレリア ルスチィカーナの間奏曲」
  これはマスカーニの「アベマリア」の原曲。
2)手回しオルガンのムージックラールは200年前のもの。
 グノーの「アベ マリア」
3)100年前の自動ピアノで、当時のピアニスト  ブルマンターの演奏で
シューベルトの「アベ マリア」
全て、世界でここだけのコラボ演奏。
e0079857_19421190.jpg

e0079857_1942558.jpg

e0079857_19432566.jpg

e0079857_21171596.jpg

e0079857_19444510.jpg
e0079857_19441083.jpg

e0079857_19451392.jpg

午後には、晴れた富士山、夕暮れには、イルミネーションを楽しんだ。
e0079857_19312395.jpg
e0079857_1931653.jpg

[PR]
# by fyaeko | 2017-01-13 19:45 | 音楽