旅・音楽・映画・本・人などの感動・充実した時間が詰まっているページ      fyaeko@nifty.com


by fyaeko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
グルメ
庭仕事 農業
映画
ビジネス
ライフスタイル
温泉

イベント
音楽
美と健康


Bird Watch 山草

気づき
出会い

縫う
陶芸
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

最新のコメント

今が生まれる国でマッテマス☆
by u- at 16:01
これから受け取りに行きま..
by u- at 23:26
>井上 光弘さん ハ..
by u- at 02:29
立派な一軒家ですね。広々..
by 井上 光弘 at 15:56
てっきり「石井祥子」は「..
by 合理的な愚か者 at 12:19
また、お会いしたいですね..
by fyaeko at 20:24
ちょうど入れ違いになりそ..
by Daniel at 04:10
はい、そうですね。100..
by fyaeko at 23:33
Danielさんはヨット..
by fyaeko at 23:31
苫米地さんのアプローチも..
by いけだ at 21:51

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧

ヴェルディ『仮装舞踊会』

相模原市民会館の市民オペラの題目は、ヴェルディ作曲の『仮面舞踏会』。

当時、イタリアの民族主義者フェリーチェ・オルシーニが、フランス皇帝ナポレオン3世暗殺未遂事件をおこした直後で、支配者の暗殺場面の上演など許可できない、と、支配者が死ぬ設定や舞踏会の場面の削除など、更に内容の大幅な改訂を要求するなど、波乱含みの初公演だった。

地味な舞台装置の割に出演者達は、熱演で、特に占い師、ウルリカ役の吉田郁恵さんは、昭和音大講師だけあり、『魔笛』の夜の女王ごとく、激しくミステリアスな役を迫る勢いで謳っていた。

森山太は、確かな演出で特に、バレーのシーンが華やかさを添えていた。
e0079857_19555830.jpeg
e0079857_20133198.jpeg
e0079857_20140472.jpeg
e0079857_20142563.jpeg
e0079857_20144386.jpeg
e0079857_20145749.jpeg



[PR]
# by fyaeko | 2018-08-12 19:35 | 音楽

『里山百選』を再び‼️

その丹精込めた仕事は、お茶栽培人生の未来に賭ける想いがいっぱいだ。
幸いに、小雨の後の曇り空で、始まった。
2:00-上岩の岩楯尾神社⛩集合後、雑穀畑、茶畑見学。
3:00-佐野川公民館にて、ミーティング。
製品のプロモーション、ブランド化、作り手側から、どのように広めて行くか?
熱い議論が続いた。
予定を一時間超過して、終了した。
e0079857_19114601.jpeg
e0079857_19140581.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-08-11 19:02 | イベント

杉並市民オペラ公演

e0079857_10105734.jpeg
杉並公会堂大ホールは、かなり広く1000人収容可能とある。今回のチケットは、主演の青木エマさんからの、直接購入なので、『どうぞ、お楽しみに下さい。』とメッセージが書いてある。

杉並オペラ管弦楽団も、大人数で勢いがある。
応援団の出演者達も、総じて若い。
地域の小学校を巻き込んでいるので、更に観客も、カジュアルで若い。
e0079857_10292003.jpeg
ホセ役は、テノールで、恋多きヒロイン、カルメンが恋に落ちる相手役だ。
マリア カラス以降、オペラにも、容姿が重視される様になったというが、やはり、そうだと思う。

青木エマさんは、オペラ歌手には、珍しく、細っそりして、可憐で爽やかなイメージなので、
したたかなジプシー役には、いささか、違和感がある。
日本語公演で、明日の日曜日は、別の配役なので、一回きりの公演では、もったいないと思った。

全体的に、市民オペラとしては、大掛かりて、しっかりしていた。

e0079857_10381989.jpeg

e0079857_10384465.jpeg
余談だが、岡本知高さんを観客席に見た。
ウィキペディアによると、
岡本さんの声は、ソプラニストと言われるが、男性としては、珍しく生れながらのソプラノ歌手の声そのものらしい。
本人曰く、コントラバスにバイオリンの弦が付いている様なものとか。

エマさん達、国立音大の仲間として、観に来たのかもしれない。



[PR]
# by fyaeko | 2018-07-22 10:19

お誕生日のフラメンコ

Yさんは、7月5日が誕生日。
遅ればせの誕生会を、フラメンコ レストランで楽しんだ。
フラメンコは、アンダルシアに住むジプシーの踊りで、スペイン人は、それを同国人と認めない。と言った、厳しい背景もあるが、その踊りは、美しい。

美味しいアヒージョや、パエリアをたべながら、まずは、70才のお誕生日を祝った🎂🎉。
e0079857_22393907.jpeg
e0079857_22395544.jpeg
e0079857_22401412.jpeg
e0079857_00264903.jpeg
e0079857_00270529.jpeg
e0079857_22402884.jpeg
e0079857_22404295.jpeg


[PR]
# by fyaeko | 2018-07-14 22:34 | イベント

タイミング良すぎのスピーカー

第三回『リレートーク』、私が主催する会で、半年前から予定していた『スピーカー』だったが、丁度、
いま、話題のスポーツ界のパワハラ問題ど真ん中の人選になってしまった。
けれども、田中佳孝さんは、本題の『マイライフ』というテーマに、忠実に我が人生を語ってくれました。

子供の頃、京都の洛北の自然豊かな環境で育った事。
サッカー⚽️が大好きで、それをテーマに大学に入った事。
日本の教育者育成の最高学府を出て、サッカー競技と教育の、文武両道の人格を持ち、今でも、Jリーグマッチコミッショナーとして活躍している。

地域では、『花のなる植樹、キノコのくさびらの会、完全無農薬野菜の販売』など、幅広い活躍をしている。
ステキな退職後の人生を、元気いっぱい満喫されてます。
e0079857_23210541.jpeg
e0079857_23215514.jpeg
e0079857_23221295.jpeg
e0079857_23223429.jpeg
e0079857_23224899.jpeg
e0079857_23230302.jpeg
講演終了後には、『こんな素敵人が、ご近所にいたのね〜。』という感想が沢山ありました。

[PR]
# by fyaeko | 2018-07-05 23:03 | ライフスタイル

ガラ コンサート

『声楽と弦楽の饗宴』
e0079857_22152013.jpeg
外は暑い。開演の受け付けは、スムーズに。
e0079857_22160184.jpeg
プログラムも充実。
e0079857_22171438.jpeg
e0079857_22163176.jpeg
e0079857_22164894.jpeg
出演者の方々のレベルが期待以上だった。

[PR]
# by fyaeko | 2018-06-29 22:06 | 音楽

シニアのテーマ

今日は、朝から晩まで、3つの集会があった。
朝は、「花萩先生と三太」の映画上映会を自治会主催で上映する。当時、小学生で、この映画に出た生き証人が、何人かいて、保存会が発足した。
午後は、この町の名士でもある山岳写真家のM氏が、写真展をして、ギャラリートークをした。
昭和7年生まれのM氏は、奥様を含めて、深く私の人生を支配した。本物の人生を教えてくれた人だった。
夕方からは、国会議員で、この町と関わりの深いG氏の国政報告会。
全てに共通するのは、シニア世代の活躍だったり、その世代の問題点が、焦点。
そして、その世代の人たちの集まりである事。
若い世代がちらほら垣間見るのに、期待をしたいなー。
e0079857_22213001.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-06-10 22:03 | イベント

ボイストレーニングの会

久々の発表会だ!
この会は、十年以上関わっている。
やったり、休んだり、、、
しかしながら、先生の圧倒的魅力に惹かれて、続いている。私と誕生日が同じ12月12日生まれ、というご縁が気に入っている。
本日、私の歌は、
https://m.youtube.com/watch?v=u7rsigVubUI
先生の歌は、
楽しすぎる時間だった。
e0079857_22051873.jpeg


[PR]
# by fyaeko | 2018-05-30 21:56 | 音楽

蓼科の休日

Yuさんは、五月生まれなので、
蓼科でお祝いする事に🥂なった。

白樺湖、スキーで🎿良く訪れた車山、
美ヶ原高原美術館、『十割そばを利休庵』で食べ、
ビーナスラインを通り、今日の宿
『オーベルジュ エスポワール』に4:00頃到着する。
e0079857_15313568.jpeg
e0079857_15331308.jpeg
e0079857_15345264.jpeg
e0079857_15351865.jpeg
e0079857_15362025.jpeg
e0079857_15365455.jpeg


e0079857_15382782.jpeg
料理は、フレンチの『ジビエ』。
月の輪熊🐻タルタル
イノシシ🐗ガランティーヌ
キジ🦃フリカッセ
山シギ🕊ポワレ
シカ肉🦌ロティ
開田高原のチーズ
クマ、イノシシ、シカの生ハム、etc
まー、食べたこと無い食感と味。
普通の食に飽きるとこうした、『複雑な食味』
がうまいのだろう、と想像する。
e0079857_15495977.jpeg
e0079857_15502028.jpeg
e0079857_15503985.jpeg
e0079857_15505939.jpeg
e0079857_15511503.jpeg
e0079857_15513476.jpeg
e0079857_15515266.jpeg
e0079857_15520741.jpeg
e0079857_15522975.jpeg
e0079857_15524725.jpeg
e0079857_15530981.jpeg

e0079857_15550809.jpeg
e0079857_15560242.jpeg
翌朝の散歩は、東山魁夷が描いた、美しい『御射鹿池』をみる。
朝食は、オマールエビ🦐のスープが絶味。
メルヘン街道を麦草峠で苔庭、八千穂高原で白樺林やツツジを見ながら帰宅。

春なのに、蝉が鳴いてる。
ある規模以上のマツ林で、この時期に鳴く『ハルゼミ』
と知る。近年、マツ枯れや農薬で、自治体によっては、
絶滅危惧種に指定されているような。
e0079857_16052986.jpeg
e0079857_16055108.jpeg
e0079857_16071709.jpeg
e0079857_16075077.jpeg
e0079857_16080663.jpeg
e0079857_16083173.jpeg
e0079857_16090998.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-05-27 15:18 |

初めての茶ツミ

♬夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘みぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠🎵

茶は、機械で刈り取る。
私たちは、摘んだ茶葉の異物や茎を取り除く作業をおしゃべりしながら、黙々とやる。

集まった人たちのレベルが高すぎ!
元NHK女子アナ
シンガポールの国家公務員の女性同僚
オーストラリアからの、京大出身「古代小説女性翻訳いえ」母親は、ノーベル賞候補
某雑誌編集者
フランス人女性たち
その他、諸々、意識の高ーい、ビオ仲間

9:00-3:00位で、無事終了。
香り高ーい無農薬の緑茶を後日いただける。
日和続きの毎日で、良き一日だった。
e0079857_20131378.jpeg
e0079857_20144536.jpeg
e0079857_20150345.jpeg
e0079857_20152587.jpeg
e0079857_20161616.jpeg
e0079857_20175832.jpeg


[PR]
# by fyaeko | 2018-05-22 19:56 | イベント

とても、気になる人でした。

第2回『リレートークの会』は、ガイネさん。

『ポカラで自転車を借りて、ガイネ(ネパールでサーランギを作り奏で歌うガンダルバという種族の人たち)と呼ばれる人たちの故郷、バトレチョール村を訪ねました。
街から離れ、必死に山道を走り、今はほとんど村ではいなくなったサーランギを弾く人を探し当てました。
Karnat badhur Gayak Pohkraさん。
かなり高齢で病気もされているので、十分な声も出せなくなっているその方は、なんとガイネの存在を世界的に認知度を高めることに貢献したジャルクマンの息子さんということでした。

ネパールではガイネと呼ばれる音楽カーストのようなものがかつてあり、アウトカーストの彼らはサーランギを作って演奏することのみが生業でした。今でも勿論慣習として多く残っているのですが、ネパールの貴重な文化のひとつとして認知されるようになった今、時代も変わり、かつてのように神々の歌や、世の中の様子を、村々を歩き伝えゆく姿は見られなくなったようです。
ということで、とてもありがたい出逢いを得ることができました。かっこ

と言った、柴又、帝釈天、寅さんの世界出身の、ミステリアスな人に出会い、是非、彼の『魂の放浪の旅』を聴きたかった。

期待以上のお話でした。
私との共通点は、『下町出身、世界、取り分け、人類の歴史的地域』に興味があり、音楽が大好き。
e0079857_22320045.jpeg
e0079857_22322447.jpeg
e0079857_22331409.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-05-20 22:24 | イベント

35周年 舞踊発表会

舞台衣装等で、大変お世話になっている舞踊会の成果発表会に行く。
友人たちの活躍が目立った。
とりわけ、今年、目を引いたのは、『女形』だ。
筋肉が強いためか、動きが、しなやかで力強い、
素晴らしい舞台だった。
e0079857_12192371.jpeg
e0079857_12201665.jpeg
e0079857_12203052.jpeg
e0079857_12205522.jpeg
e0079857_12212193.jpeg
e0079857_12214671.jpeg
e0079857_12362560.jpeg
e0079857_13511441.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-05-20 12:14 | イベント

期待以上の東大オペラ

東京大学 歌劇団 第91回 五月祭 演奏会に行く。
会場は、安田講堂、地下には、あの名画を廃棄してしまって、話題になった、食堂がある。

『こうもり』を90分のダイジェスト版で演じる。
キャスト 合唱 オーケストラ 舞台など、全て手作りの作品。
ヨハン シュトラウスの喜劇で、どこかユーモアがあり、難しい表現力を必要とするが、期待以上だった。
男性のソプラニスト、カウンターテナーの歌を初めて聴いた。
東大歌劇団は、日本で唯一、音大以外で、「オペラを上演する学生団体」である。

e0079857_17304548.jpeg
e0079857_17312051.jpeg
e0079857_17353695.jpeg
e0079857_17354800.jpeg
e0079857_17313834.jpeg
e0079857_17322115.jpeg
e0079857_17333744.jpeg
e0079857_17324024.jpeg



[PR]
# by fyaeko | 2018-05-19 14:09 | 音楽

里山ハイキング

まさに「里山 ご近所の山」を歩くハイキングが、自治会主催で計画された。
通称「コウモリ山」を一周して、宝山、日連山を歩く。
途中、綱を頼りのミニ急斜面もあり、それなりに頑張る行程だった。
新緑の梅雨前のしっとりした空気が、気持ち良い散策だった。
終了後の午後からは、大雨の荒れた天気が待っていた。
e0079857_19543117.jpeg
e0079857_19545278.jpeg
e0079857_19552081.jpeg
e0079857_19553362.jpeg
e0079857_19555581.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-05-13 19:43 | イベント

イタリア🇮🇹の歌の会

演奏会は、はやくも、11年目になる。初めてこの会に出会ってから、10年の歳月がながれている。
あの時に、ちゃんとやっていれば、とか、反省は尽きない。
今回も、有志のコンサートが、華々しく開かれた。
この会の必須曲が二曲あった。
1)「メリーウィドー」よりDie lustige Witwe
Lip pen schweigen 「閉ざした唇に。」
2)NabuccoよりVe Pendleton sull’ali dorati
「行け我が思いよ金色の翼に乗って」
これは、イタリア国歌の代わりに国歌の様に歌われている曲で、かつて、ローマのオペラハウスで、オペラ歌手と話した時に、「上野文化会館でナブッコをこれからやるよ」と言われた曲だ。
e0079857_16150269.jpeg
e0079857_16152166.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-05-12 15:57 | 音楽

ミャンマーのスーモさん

夫が医科歯科大学の国費留学生で、二年日本にいる。
今回、10日間、日本訪問の妻、スーモさん。
去年、ミャンマーで、私たちのホテルサボイを訪ねてくれた。
みんなでワイワイ、渋谷と銀座を散策する。
お嫁ちゃんとその妹も、駆けつけてくれた。

e0079857_22223406.jpeg
e0079857_22230929.jpeg
e0079857_03504241.jpeg
e0079857_22233718.jpeg
e0079857_22243227.jpeg
e0079857_22235932.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-05-10 22:19 | 出会い

ケニアのインカピレア

一昨夏、訪れたケニアのナイロビ最大の障害者施設で、購入したいくつかの種や球根が、寒い日本の冬を乗り越え見事に花開いた。
インカピレアのピンクの花は、日本の桜のピンクよりかなり強い色で、連休の陽光をしっかり受け止め咲いていた。

e0079857_07580779.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-05-07 07:52 |

山岳写真家 三宅修の踏み跡

『我が心の山』のギャラリートークが、藤野の吉野宿「ふじや」で開催された。
彼の山の世界が、整理されて、とても良くわかるスピーチだった。
1)本業のアルプス3000m級の高い山
2)山の会の皆さんと歩く中級の山
3)自宅のある藤野の裏山、里山
4)谷文晁の日本名山図絵と出会った40年間の仕事
山のファン、写真のファン、生き方のファンなど、層が厚い。
久々に、息子さんのファミリーにお会い出来た。
ギャラリーのまどから、春の陽気な南風が吹き、とても気持ち良い午後だった。
e0079857_00051354.jpeg
e0079857_00053686.jpeg
e0079857_00060708.jpeg
e0079857_00062990.jpeg
e0079857_00071507.jpeg
e0079857_00072941.jpeg
e0079857_00074164.jpeg
集合写真は、愛息の三宅岳氏による。

[PR]
# by fyaeko | 2018-05-06 23:54 | イベント

世界最大のクラシック音楽祭

ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)
池袋芸術劇場に行く。
毎年恒例のクラシックの世界的祭典。
今夏は、ロシアに行くので、エカテリンブルク フィルハーモニーを聴く。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ラ・フォル・ジュルネ

10:30-は、コンサートホール2000人位の席がある。
16:00- は、地下のシアターイースト。
両方、エカテリンブルク 交響楽団のもの。
200人を、超えるメンバーを後ろに、四人の歌手が、マイク無しで歌う姿は、魂が震える。
e0079857_15173013.jpeg
e0079857_15195550.jpeg
e0079857_15202072.jpeg
東京都自慢のすご〜い、パイプオルガン入っていて、回転すると、中世のパイプオルガンが出てくると聞いた。
今から、ワクワク。
e0079857_15203662.jpeg

ランチタイムは、ミャンマーの留学生とその妻、スウーモさん達、ロータリークラブのHさんと食事。
e0079857_15183842.jpeg
e0079857_15373813.jpeg
e0079857_15562086.jpeg
アンコール曲は、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフが作曲した曲。「くまんばちの飛行」



[PR]
# by fyaeko | 2018-05-04 15:09 | 音楽

オペラ カルメン Carmen

町田イタリア歌劇団の公演による、オペラ『カルメン』を観る。期待と思いの熱が入り過ぎて、エネルギーが続かない位消耗した。
オペラは、観るにも相当体力を使う事が分かった。
e0079857_03450531.jpeg
e0079857_03461261.jpeg
e0079857_03471442.jpeg
e0079857_03473247.jpeg
e0079857_03475382.jpeg
e0079857_03515780.jpeg

[PR]
# by fyaeko | 2018-04-29 03:37 | 音楽