旅・音楽・映画・本・人などの感動・充実した時間が詰まっているページ      fyaeko@nifty.com


by fyaeko

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
グルメ
庭仕事 農業
映画
ビジネス
ライフスタイル
温泉

イベント
音楽
美と健康


Bird Watch 山草

気づき
出会い

縫う
陶芸
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月

フォロー中のブログ

最新のコメント

今が生まれる国でマッテマス☆
by u- at 16:01
これから受け取りに行きま..
by u- at 23:26
>井上 光弘さん ハ..
by u- at 02:29
立派な一軒家ですね。広々..
by 井上 光弘 at 15:56
てっきり「石井祥子」は「..
by 合理的な愚か者 at 12:19
また、お会いしたいですね..
by fyaeko at 20:24
ちょうど入れ違いになりそ..
by Daniel at 04:10
はい、そうですね。100..
by fyaeko at 23:33
Danielさんはヨット..
by fyaeko at 23:31
苫米地さんのアプローチも..
by いけだ at 21:51

メモ帳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧

第62新春オペラコンサート

平成最後の、NHK新春オペラコンサートに夫婦で行く。

近頃は、夫もすっかりオペラにはまって、毎月の様に、二人で、どこかのコンサートに出かけている。
プログラムも良く出来ていて、ポピュラーな曲を沢山入れて、親しみやすくしている。
とりわけ、二部は、聞きどころ満載で、期待通り、砂川涼子のミミ「ボエーム」は、素晴らしかった。
思わず、この後、彼女の出る二期会の高価なコンサートに申し込んでしまった。
ミミは、彼女のはまり役の一つだ。
相手役の、テノール笛田博昭は、今回出演の中で、最高に光っていた。彼の透き通る高らかなテノールが、舞台いっぱいに響いた。

その後、森麻季が、全く別世界を彩った。
「リナルド」から〝涙の流れるままに〝は、昨年5月の発表会で、私が歌った曲。
森麻季は、やはり、別格だった。

大学教師レベルの四人が作る〝イル デーヴ〝は、ユーモアたっぷりのクァルテット。深夜放送で紹介されていたが、「いのちの歌」に感動した。
夏の発表会に提案してみるつもりになった。

二時間は、あっという間に終わり、自宅で録画していたライブ放送をもう1度観ながら、眠りについた。
e0079857_14594644.jpeg
e0079857_15000579.jpeg
e0079857_15002600.jpeg
e0079857_15004424.jpeg

# by fyaeko | 2019-01-04 14:26

明智平の日の出☀️

5:00誰もいない国道をいろは坂を登り、明智平に向かう。
日の出は、6:03と言われ、30分前に到着した。
雲が多く、充分ではないが、日の出は見られた。
e0079857_18213952.jpeg
e0079857_18220073.jpeg
その日は、一日、混雑を避けて行動できた。
陽明門や東照宮など、見所を散策しながら、早めに帰宅できた。
秋の良きドライブ旅行だった。
e0079857_19170986.jpeg
e0079857_19173052.jpeg
e0079857_19175141.jpeg
e0079857_19180939.jpeg
e0079857_19182144.jpeg
e0079857_19183846.jpeg
e0079857_19190390.jpeg
e0079857_19192242.jpeg

# by fyaeko | 2018-10-31 05:03

紅葉🍁の日光

秋晴れのドライブを楽しんで、日光へ。
足尾銅山に寄る。
渡良瀬川の鉱毒で公害日本の代表格だったが、日本を世界に発展させた原動力であった。
古河電工の管理で閉山後は、観光になっている。
e0079857_03245288.jpeg
e0079857_03252601.jpeg
坑道を繋げると、1300km以上で、東京から博多くらいある。
e0079857_03264914.jpeg
e0079857_03484949.jpeg
e0079857_03281619.jpeg
e0079857_03292556.jpeg
小学校の修学旅行は、湯元の「南間ホテル」だった。
案内に「今もありますか?」と尋ねると、「明治、大正、昭和と、天皇陛下も泊まる由緒あるホテルだったが、10年前に、布団も何もかも残して、夜逃げした。」と言われた。
ドラマがあった。
e0079857_03345807.jpeg
「憾満が淵」に行く。沢山の地蔵さまが並び、雰囲気のあるところだ。
トリップアドバイザーの案内に出ていたせいか、100%外人にしか、会わなかった。
e0079857_03391374.jpeg
e0079857_03394108.jpeg
e0079857_03400552.jpeg
「明治の館」で食事。
ジョウジア風の建物で、ビクターを作ったアメリカ人の別荘が、今はレストランに。
湯葉巻きサラダ、私は、姫鱒🐟彼は、鴨を🦆注文。
e0079857_03415695.jpeg
e0079857_03421822.jpeg
e0079857_03432411.jpeg
e0079857_03434972.jpeg
e0079857_03513929.jpeg

# by fyaeko | 2018-10-31 03:20

歌劇ドン ジョバンニ

江東区には、四つのコンサートホールがある。
豊洲シビックセンターホール
カメリアホール
ティアラ江東
江東区文化センターホール
すぐ隣の墨田区には、「トリフォニー コンサートホール」があるためか、この界隈には、音楽関係者が沢山住んでいるという。

今日は、後者の文化センターで、第37回江東オペラ公演、『ドン ジョバンニ』を観に行った。
江東オペラ管弦楽団
江東オペラ合唱団
とプロのオペラ歌手とのコラボだ。

良いレベルで、三時間充分に楽しめた。
指揮者の岸本祐有乃氏のキャリアには、仰天する。
東大大学院で免疫学を研究するも、博士課程で、芸大指揮科に転身して、ウィーンやロシアで歌劇を研鑽したという強者。
分厚い符本を捲りながら、指揮する彼女の姿は、とてもカッコ良かった。
e0079857_20355364.jpeg
e0079857_20383099.jpeg

# by fyaeko | 2018-09-30 20:06 | ライフスタイル

東大オペラ

第49回公演『こうもり』Die Fledermaus
ヨハン シュトラウス2世 作
本業の学問もさることながら、「喜劇」仕立てのこの大人のウイットに富んだオペラを素晴らしいエネルギーでしあげていた。
台本はこの公演の為に書き下ろしたオリジナルだ。
『五月祭』で、今公演の予行練習を観たが、こんなにウイットに富んだ仕上げになるとは!
e0079857_20164848.jpeg

# by fyaeko | 2018-09-11 20:05 | 音楽

大都会モスクワ

ガイドさんは、モスクワ生まれ、サンクト=ペテルブルク大学、モスクワっ子を自認する。
「サンクトは、人々が後ろ向き、モスクワっ子は、前向き」と言う。
サンクト、歴史の街、モスクワは、今の街なのだろう!
彼女は、日本滞在15年、丸紅の仕事と早稲田の講師をしていたエリートだ。
e0079857_12170939.jpeg
2時間の新型特急列車🚃で、モスクワに到着。
世界遺産
コローメンスコエ
ノヴォデヴィッチ修道院
プーシキン美術館
赤の広場
聖ワシリー寺院
グム百貨店

修道院を改築した、有名レストラン「ゴドノフ」にてディナー。
e0079857_03220712.jpeg
e0079857_03224938.jpeg
e0079857_03244745.jpeg
e0079857_03252371.jpeg
e0079857_03254963.jpeg
e0079857_03261732.jpeg
e0079857_03235397.jpeg
e0079857_03264679.jpeg
e0079857_03270896.jpeg
e0079857_03273154.jpeg
e0079857_01593377.jpeg


# by fyaeko | 2018-09-04 12:06 |

世界遺産

スズダリ、ウラジミールを観て、特急列車でモスクワへ。
爽やかすぎる気候だ。緑が多い為か、空気が美味しい!
「運動会の秋晴」がこんな感じかな。
とにかく、気持ち良すぎる。
e0079857_03550014.jpeg
e0079857_03562442.jpeg
e0079857_03571101.jpeg
e0079857_03575750.jpeg
e0079857_03585111.jpeg
e0079857_03592604.jpeg
e0079857_03594818.jpeg
e0079857_04002601.jpeg
e0079857_04012517.jpeg
e0079857_04015582.jpeg
e0079857_04044962.jpeg
e0079857_04051861.jpeg
e0079857_04054423.jpeg
e0079857_04060823.jpeg

# by fyaeko | 2018-09-04 03:50 |

黄金の環

モスクワの北東に環状に連なる、ロシアの古都群を、「黄金の環」と言う。
モスクワ以上に古い歴史を持つまちや、モスクワにまつわる歴史を持つ地域だ。
セルギエフ•ポサート
ベルスラブル ザ リュスキー
スズダリ
を散策する。
e0079857_04515005.jpeg
e0079857_04521984.jpeg
e0079857_04530275.jpeg
e0079857_04533507.jpeg
e0079857_04541762.jpeg
e0079857_02313002.jpeg

# by fyaeko | 2018-09-03 04:46 |

食事

ロシアを代表する料理が♫
ボルシチ
e0079857_04393758.jpeg
キエフ風カツレツ
e0079857_04404512.jpeg
e0079857_04412071.jpeg
家庭料理 マントウ
e0079857_04423097.jpeg
e0079857_04424942.jpeg
さりゃんか
e0079857_03482393.jpeg
e0079857_03500163.jpeg
チキンの壷焼き
e0079857_11533767.jpeg
揚げないピロシキ
e0079857_11535582.jpeg
ハンガリアン グーシュ
e0079857_03200124.jpeg


# by fyaeko | 2018-09-03 04:38 |

ロマノフ王朝の創設者達

e0079857_04295295.jpeg
ピョートル大帝の夏の宮殿
その妻、エカテリーナの宮殿を観る。
e0079857_05054643.jpeg
e0079857_05015349.jpeg
e0079857_05023870.jpeg
e0079857_04374279.jpeg
夜は、ロシアンバレー「白鳥の湖」を観賞する。

# by fyaeko | 2018-09-01 12:14 |

ビーフストロガノフの由来

貴族のストロガノフが、老年、歯が悪くて、好きな肉料理が食べられなくなる。不憫に思ったお抱えコックが、発明した、肉料理という起源があった。

美術館に若い頃のストロガノフ貴族の肖像画があった。
今夜のディナーは、ビーフストロガノフだった。
味は、万人向けに薄く、パンチに欠けていた。
e0079857_04394567.jpeg
e0079857_04401228.jpeg

# by fyaeko | 2018-09-01 04:35 |

エルミタージュ美術館

e0079857_04411668.jpeg
世界三大美術館のひとつ、輝かしいロマノフ王朝の栄華は、ロシア🇷🇺の近代化へのステップだった。
300万点の収蔵美術品がある。
ロシア人も滅多に見られない黄金の間は、10人位の団体で、タイミングよく開いている時にしか観る事が出来ないと言われる。

今日は、6時間かけて、10.7km歩いた。
全展示室を歩く🚶‍♂️と20km以上と言われる大美術館。

e0079857_04301477.jpeg
e0079857_04315058.jpeg
e0079857_04321371.jpeg
e0079857_04331011.jpeg
e0079857_04334415.jpeg
e0079857_04341509.jpeg
e0079857_04345405.jpeg
e0079857_01485393.jpeg
e0079857_01504247.jpeg
e0079857_01581619.jpeg

# by fyaeko | 2018-09-01 04:20 |

不信社会のコスト

最近のヨーロッパは、全体的にそうなのかも?

ロシアのスーパーは、入口と出口が違っている。
出口には、警備員がいて、領収書に付いているバーコードを、かざさないと出られない。そこには警備員が立っている

早朝のホテルに新聞を配達した後、🗞配達したという写真を撮っている。多分、証拠写真が必要なのだろう!

私達の国とは、違う経費がかかっている社会だ。
e0079857_04183526.jpeg
e0079857_04204958.jpeg
e0079857_04213096.jpeg
e0079857_04220244.jpeg
e0079857_04223251.jpeg
e0079857_05113349.jpeg

# by fyaeko | 2018-08-30 11:18 |

サンクト=ペテルブルクへ

e0079857_14065465.jpeg
8:50の飛行機✈️出発、1時間35分のフライトで、サンクト=ペテルブルクのプールコヴォ空港へ向かう。
ソ連時代は、レニングラードと呼ばれていた都市だ。
緯度は、スエーデンのストックホルムとほぼ同じ。


ネヴァ川が、縦横にながれる水の都、北のベニスと呼ばれる美しい都市だ。
始めに、帝政ロシア時代の観光スポットを歩く。
ポクロフスキー寺院
地の上の教会
聖イサク寺院
青銅の騎士像
etc.
300年続いた、過酷な農奴制の上に築かれた、ロマノフ王朝の凄まじい、富と権力の集大成が、ここ、S.Pにある。
この時期、ロシア🇷🇺は、急速な、西洋化、近代化が進み、ヨーロッパと肩を並べる。
また、1725年、ピョートル大帝の死後、女帝時代が続き、面白い歴史が、展開された。
池田理恵子の漫画で大ヒットした、エカテリータ物語は、私もしっかり楽しんだものだった。
ソ連社会主義革命が起こるのも、必然と思われる、収奪の時代だ。
また、女帝時代のエカテリーナ一生涯もテロリズムに満ちている。
e0079857_14085052.jpeg
e0079857_14072222.jpeg
e0079857_04144861.jpeg
e0079857_04154470.jpeg
e0079857_04165392.jpeg
e0079857_04185742.jpeg


# by fyaeko | 2018-08-30 10:38 |

モスクワ到着

e0079857_10361230.jpeg
モスクワの北方、シェレメチェヴォ空港から、20分くらいバスで走って、最初の宿泊は、MILANホテル。町の中心部から、少し郊外にある。
目の前が、デパート&スーパーと言う便利さが良い。
早速、買い物をして、フードコートでカルボナーラ、スタバでフルーツパイを🥧夕飯にする。
ホテルに戻り、カウンターに頼んで、ルーフトップの鍵を開けてもらい、屋上から、街を一望する。
南方にクレムリンらしい、中心街の建物が見える。
高層住宅群が、どこまでも、広がっていた。
e0079857_02412738.jpeg
e0079857_02420495.jpeg


往路は、機内の映画三昧だった。
今月のリレートークのテーマは、「社会の中の女性」と言う事で、映画も自然にそんなセレクションになっていた。
10時間のフライト✈️の間、観たのは、

#’バトル オブ セクシーズ’は、実話で、お嬢様スポーツといわれ、男子マッチの1/8の報償金に甘んじていた、テニス🎾界に、平等な報償金を申し出て、男権主義の男性プレーヤーとのマッチに勝利🏅する女性の実際のはなし。

#新作で、10月に日本公開の映画’LBJ’「ケネディの意志を継いだ男」
ケネディ暗殺以後、その副大統領だった、南部出身のジョンソンが、ケネディの意志を継ぎ、公民権運動を実現させた、話だ。
アメリカ🇺🇸の根強い南北の黒人に対する在り方の違いを乗り越えていく姿が、実話で面白かった。公民権運動は、その後、フェミニズム運動となり、大きく、世界を変えていった。

#邦画は、「終わった人」。
エリートサラリーマンの退職後を描いた映画だ。
東大出身、銀行員と言うエリートが、定年退職後に直面する、様々な「社会への適応や家庭問題」をコミカルに扱っている。日本人なら、共感して笑ってしまうストーリーだ。

e0079857_02451822.jpeg
e0079857_02462394.jpeg
飛行機は、東京-モスクワ直行便で10時間のフライト。
時差は、6時間。ヨーロッパ方面の旅は、日本より時間が遅いので、時差の為、どうしても、早起きになる。
これは時間で動く旅人には、大変、好都合だ。なにをするにも、早めに準備出来る。

ロシア🇷🇺は、日本🇯🇵の45倍の広さで、人口は、15000万人。モスクワは、1500万人で、その歴史は、900年。
ちなみに、サンクト ペテルブルクは、300年の歴史だ。
ガイドによると、今日のモスクワは、異常な30度。これからは、もっ涼しくらしい。

# by fyaeko | 2018-08-30 01:28 |

小さな、小さな『声楽』コンテスト

なかの国際音楽協会主催の本選を見に行く。
15名の勝ち抜いた歌い手達の歌声は、閑散とした、なかのZERO小ホールに響いた。
私は、プリズモ オペラの代表『道化師』の「鳥の歌」を歌ったCKさんが、ベストと思ったが、一位は『運命の力』の「神よ平和を与え給え」のSKさん。二位は、『夢遊病の女』三位は、『ジュディッタ』、、
いづれも、プロの歌手という事で、これからも、様々なコンテストで磨かれていくのだろう!
外は、更なる猛暑で、目が眩んだ。
e0079857_21023168.jpeg
e0079857_21032627.jpeg
e0079857_21040355.jpeg

# by fyaeko | 2018-08-26 20:43 | 音楽

ヴェルディ『仮装舞踊会』

相模原市民会館の市民オペラの題目は、ヴェルディ作曲の『仮面舞踏会』。

当時、イタリアの民族主義者フェリーチェ・オルシーニが、フランス皇帝ナポレオン3世暗殺未遂事件をおこした直後で、支配者の暗殺場面の上演など許可できない、と、支配者が死ぬ設定や舞踏会の場面の削除など、更に内容の大幅な改訂を要求するなど、波乱含みの初公演だった。

地味な舞台装置の割に出演者達は、熱演で、特に占い師、ウルリカ役の吉田郁恵さんは、昭和音大講師だけあり、『魔笛』の夜の女王ごとく、激しくミステリアスな役を迫る勢いで謳っていた。

森山太は、確かな演出で特に、バレーのシーンが華やかさを添えていた。
e0079857_19555830.jpeg
e0079857_20133198.jpeg
e0079857_20140472.jpeg
e0079857_20142563.jpeg
e0079857_20144386.jpeg
e0079857_20145749.jpeg



# by fyaeko | 2018-08-12 19:35 | 音楽

『里山百選』を再び‼️

第5回 リレートークの会
その丹精込めた仕事は、お茶栽培人生の未来に賭ける想いがいっぱいだ。
幸いに、小雨の後の曇り空で、始まった。
2:00-上岩の岩楯尾神社⛩集合後、雑穀畑、茶畑見学。
3:00-佐野川公民館にて、ミーティング。
製品のプロモーション、ブランド化、作り手側から、どのように広めて行くか?
熱い議論が続いた。
予定を一時間超過して、終了した。
e0079857_19114601.jpeg
e0079857_19140581.jpeg

# by fyaeko | 2018-08-11 19:02 | イベント

杉並市民オペラ公演

e0079857_10105734.jpeg
杉並公会堂大ホールは、かなり広く1000人収容可能とある。今回のチケットは、主演の青木エマさんからの、直接購入なので、『どうぞ、お楽しみに下さい。』とメッセージが書いてある。

杉並オペラ管弦楽団も、大人数で勢いがある。
応援団の出演者達も、総じて若い。
地域の小学校を巻き込んでいるので、更に観客も、カジュアルで若い。
e0079857_10292003.jpeg
ホセ役は、テノールで、恋多きヒロイン、カルメンが恋に落ちる相手役だ。
マリア カラス以降、オペラにも、容姿が重視される様になったというが、やはり、そうだと思う。

青木エマさんは、オペラ歌手には、珍しく、細っそりして、可憐で爽やかなイメージなので、
したたかなジプシー役には、いささか、違和感がある。
日本語公演で、明日の日曜日は、別の配役なので、一回きりの公演では、もったいないと思った。

全体的に、市民オペラとしては、大掛かりて、しっかりしていた。

e0079857_10381989.jpeg

e0079857_10384465.jpeg
余談だが、岡本知高さんを観客席に見た。
ウィキペディアによると、
岡本さんの声は、ソプラニストと言われるが、男性としては、珍しく生れながらのソプラノ歌手の声そのものらしい。
本人曰く、コントラバスにバイオリンの弦が付いている様なものとか。

エマさん達、国立音大の仲間として、観に来たのかもしれない。



# by fyaeko | 2018-07-22 10:19

お誕生日のフラメンコ

Yさんは、7月5日が誕生日。
遅ればせの誕生会を、フラメンコ レストランで楽しんだ。
フラメンコは、アンダルシアに住むジプシーの踊りで、スペイン人は、それを同国人と認めない。と言った、厳しい背景もあるが、その踊りは、美しい。

美味しいアヒージョや、パエリアをたべながら、まずは、70才のお誕生日を祝った🎂🎉。
e0079857_22393907.jpeg
e0079857_22395544.jpeg
e0079857_22401412.jpeg
e0079857_00264903.jpeg
e0079857_00270529.jpeg
e0079857_22402884.jpeg
e0079857_22404295.jpeg


# by fyaeko | 2018-07-14 22:34 | イベント